企業経営者と社員研修責任者の皆様へ

望月義博が、カーショップ、カーディーラーの皆様に
本当にお役に立てる研修について考え発信しています。

第13回 見ているのはいいけど、やるのは嫌だ

朝礼で行う5分間ロールプレイングの講習をすると、受講者から

「先輩や後輩のロープレを見ているのはいいけど、自分がやるのは嫌だ。」

という声をよく聞きます。

「先輩や後輩に見られて恥ずかしい。冷やかされそうだから、やりたくない。」

というのが本音でしょう。でも、先輩や後輩のロープレは見たい。

「なぜ?」

それはロープレが非常に参考になるからです。5分間ロールプレイングは普段の生活では使わないビジネス用語を使用します。電話を受ける時は

○○社の○○でございます。
お客様にアンケートへ記入をお願いする時は、恐れ入りますが・・・・

こんな言葉、普段使いませんね。だからこそ、その時すぐに使える様に練習をするのです。練習をしてビジネスの「形」を覚えましょう。

「形」を覚えると心が宿ります。

TVに出ている若い歌手だって同じ曲を何回も、何回も歌って練習します。ダンスも曲に合わせて練習します。

この歌手は歌がうまい、ダンスも上手、そして、かわいい。だから今度はコンサートへ行ってみよう、となるのです。

格闘技の基本は、まず形を覚えることです。形を覚えずに自己流でやることを「形無し」といい、形を覚えて経験を積み、勉強を重ね、自分なりに改善する事を「型崩し」、そして、「型破り」となります。

私も毎日練習しています。発声練習です。

あおいえあおあ、かこきけかこか、さそしせさそさ

その日の為に!

2014年6月10日

 


 ■当事務所及び研修に関するお問い合わせ先

  090-8943-6751
   または


 

PAGE TOP