企業経営者と社員研修責任者の皆様へ

望月義博が、カーショップ、カーディーラーの皆様に
本当にお役に立てる研修について考え発信しています。

第23回 タイヤを販売する方法【ステップそのⅤ 私のクロージングトーク】

お客様にタイヤの提案が終ったら、最後はクロージングです。

このクロージングトーク(最後の締めの言葉)がタイヤを販売する方法の中で一番重要です。クロージングトークを言わないでいると、単なる雑談で終わってしまう事があります。

「お客様、このタイヤを買ってください」

このセリフはあまりにもストレートすぎてなかなか言えません。沈黙してお客様の言葉を待っていると「ではまた今度」と言って帰ってしまうのではないのかと心配になります。そこで最後の締めの言葉(クロージングトーク)が必要となります。

タイヤを販売する時に私が実際に使っていたクロージングトークをご紹介しましょう。

「お客様、今お時間はありますか?
 お車にすぐ装着できるタイヤサイズの在庫があります。
 ちょうど、ピットが空いていますので、
 30分程度の時間でタイヤの交換が出来ます。
 いかがでしょうか。」

あるいは

「お客様、来週の日曜日、お時間はありますか?
 今ならタイヤを取り替えるピットスケジュールの予約が可能です。
 お車に装着するタイヤの手配も間に合いますので、
 ピットと予約の打合せをしましょう。」

このクロージングトークは非常に成功率が高かったので、ぜひスタッフの皆様に、一度使ってみることをお薦め致します。

お車のキー

「それではお客様、
 お車のキーをお預かり致します。
 お車の中に貴重品はございませんか。」

この最後の一言は、貴重品紛失のトラブルが発生してから、その対処を考えるのではなく、トラブルを未然に防止する為の重要なキーワードです。

この一言も添えましょう。


次回は、タイヤを販売する方法【ステップそのⅥ 不満足のアンケート】です。


2014年11月10日

 


 ■当事務所及び研修に関するお問い合わせ先

  090-8943-6751
   または


 

PAGE TOP