企業経営者と社員研修責任者の皆様へ

望月義博が、カーショップ、カーディーラーの皆様に
本当にお役に立てる研修について考え発信しています。

第37回 私は我慢・辛抱が出来ませんでした

私は可愛い部下に、失敗を経験させることが出来ませんでした。

それは、

「部下の失敗は上司の責任だ
 望月は部下にOJTが出来ない」

と、自分の上司から思われることを恐れていました。

長期目標の達成より、四半期のタイヤ販売目標の達成、今月のタイヤの販売目標をどのような方法で達成するのか、そのことばかり考え、部下の育成よりも私自信の上司からの評価を気にしていたのです。

部下には失敗しないで今月のタイヤの販売目標を達成するよう親切丁寧に、きめ細かく指導していました。部下の企画書や、申請書は事前にチェックし添削していたのです。そんな仕事が多いので自分の仕事は進まず残業です。

私が長時間残業をすると部下が帰り難く、部下も残業をするので、土曜日や日曜日にパソコンを家に持ち帰って仕事をしていました。

でも、タイヤの売り上げは伸びず、家族との時間が少ないことによるトラブルが発生、自分の好きな本が読めない、観たい映画を見に行けない等、私は精神的に落ち込みました。

そんな時に知ったのが岐阜の未来工業の話でした。

同社は、年功序列賃金、日本で休日が一番多い、企業残業ゼロを実践している企業等沢山の話題があります。

未来工業  山田相談役の著書

山田相談役の本を読み、講演を聴き、同社のDVDを見ても信じられず、私は岐阜の大垣にある同社を訪問しました。

その社員教育は驚きでした。徹底して教えないのです。いろいろな感動する話を聞き、同社のあちこちの壁に貼ってある「常に考える」のポスターを見て納得しました。

一番衝撃を受けた話は、同社の営業所長会議での話です。ある営業所の売り上げが目標を達成しないので、社長はその原因を所長に尋ねました。

所長は、その理由を競合他社は倉庫があり、すぐに納品できるが、営業所に倉庫がないのですぐに納品できず、売り上げ目標が達成出来ないのです。と説明しました。

社長や会議に出席した役員のメンバーは、その理由は違うのではないのかと思ったそうですが、すぐに約一億円の予算を決定し、倉庫を建設しました。倉庫が完成し、数ヶ月が経過しても売り上げは目標を達成できなかったそうです。

その後、この所長がどのような行動をとったのか私には想像できました。

ここまで部下の育成の為にやるのか!

私は部下の成長の為には成功体験より、失敗体験のほうが重要な事をこの事例から学びました。

それから私は、可愛い部下には失敗を経験させるようにしたのです。

2015年6月9日



 


 ■当事務所及び研修に関するお問い合わせ先

  090-8943-6751
   または


 

PAGE TOP