企業経営者と社員研修責任者の皆様へ

望月義博が、カーショップ、カーディーラーの皆様に
本当にお役に立てる研修について考え発信しています。

第78回 仕事で起こる悩ましい問題の解決ポイント その4「社内恋愛は禁止?」

今回は一番悩ましい問題である社内恋愛に付いて考えてみました。

「佐藤さんと鈴木さんは付き合っているそうよ」
「え~ほんと?それ不倫じゃないの」
「三角関係ね、 略奪愛するのかしら」
「鈴木さんは別れたと言ってたわ」

「うるさい!無駄話はやめて、仕事をしろ!」

ちょっと手の空いた女性スタッフがひそひそと、こんな噂話を良くしていました。

職場で一番悩ましい問題は社内恋愛です。以前なら新人教育の時に、

「社内恋愛は禁止だ、職場は恋愛をする所ではない、
 職場は戦場なのだ、隣にいる人は女性(男性)でも皆戦友だ、
 恋愛などしていると戦死するぞ。」

等と言っていましたが、若い女性の中には、結婚相手を見つける為に就職し、寿退社をする事が目的で仕事をしている人もいました。

若い歌手やTVタレントが所属事務所から恋愛禁止だと言われても、隠れて恋愛をし、週刊誌にスクープされ、TVのワイドショーなどに取り上げられます。そもそも、恋愛禁止は無理なのです。

最近の社内恋愛を見ていると、結婚に結びついても寿退職をせずに、いままでと同じ職場で働きたい、妊娠して子供が産まれても働きたい、という女性が増えています。だから職場で周りの人達は、その二人に余計な気を使って大変です。仕事がやりにくいと苦情が出ます。

職場のリーダーは人事担当者に、その二人の配置換えや移動を相談したりしますが、従業員の人数が少ない中小企業ではなかなか簡単には出来ません。

リーダーは女性が結婚しても退職せずに仕事を続け、妊娠すると仕事の内容にも注意をしなければなりません。

気を使いすぎてマタハラにならないかと悩んだり、子供が産まれると、育児休暇、保育園の送迎で早退や遅刻が増えるので、これもよく注意をして話をしないと、パワハラになるかもしれないと悩んだりします。

そして仕事が期日に間に合わなければ、増員が必要になりますが、増員も簡単には出来ないのでとりあえず他のスタッフに残業を指示することになります。

どちらにしても経費が増えることが予想されるのです。

リーダーの皆さん、職場での恋愛は個人の人権問題、個人の自由意志に対するパワハラ問題となり、禁止する事は出来ません。

禁止しても、若い二人は恋をしてしまうのです。

これからは、スタッフ全員を家族の様に考え、暖かく若いスタッフの成長を支えてあげましょう。社内恋愛を黙認し、寿退職がなければ、欠員補充の必要がありません。つまり社員の定着率が上がるのです。

女性スタッフが安心して働ける職場として喜ばれ、求人に女性スタッフの応募者が増えます。

リーダーの皆さんも若い頃、戦友に恋したり、憧れたりした、そんな時があったことを思い出してみましょう。


2017年3月6日



 


 ■当事務所及び研修に関するお問い合わせ先

  090-8943-6751
   または


 

PAGE TOP