企業経営者と社員研修責任者の皆様へ

望月義博が、カーショップ、カーディーラーの皆様に
本当にお役に立てる研修について考え発信しています。

第111回 企業経営と哲学

企業経営に哲学は必要だろうか。

これは私が以前からずっと考え続けているテーマの一つだ。

企業訪問をすると社長室や応接室に企業理念や社是、社訓と書いた額が飾ってあることが多い。

抽象的な表現が多く、この言葉はどの様な意味なのだろうかと疑問に思うこともある。

内容がよく解らないという社員もいると思う。

企業を経営する事は儲ける事、毎年利益を計上する事。

ただそれだけで良いはずがない。

利益を計上し続ける事は、企業として当たり前のことで、存続する為の最低の条件だ。

では何が必要なのだろうか。

まずは何の為に、この会社はあるのか。

社員に、お客様に、取引先に、それを明確にしなければならない。

社会に貢献し、社員を幸せにすること。

これでは抽象的でダメだ。

誰にでもわかるような簡単な言葉で、具体的に表現しなければならない。

それは全社員が共感し指針となり、、その方向に全員が進んで行く為に、毎日、各部署で対話をする。

朝の打合せで行う個人スピーチは、これに関係した事柄で、最近感じたことを、話し合う。

正解など無いのかもしれない。

でも、いつもそれについて考える事が必要だと思う。

長野県にある伊那食品工業株式会社の理念が一番解りやすいと思う。

この会社の名前を知らなくても「かんてんパパ」という商品名を知っている人は多い。

目指していることは、お客様から、社員の家族から、取引先から「いい会社だね」と言われたい。

誰にでもすぐ解る一言だ。

その為には何をすればいいか。

昨日、私は何をしたのか。今日から何をするつもりか。

私の働き方、仕事の仕方はこれで良いのか。

同僚や上司と対話しながら自分で方向を確認している。

考える。

答など無いのかもしれないが、本を読み、同僚や上司と対話しながら、毎日毎日考え続ける事が重要だと思う。

私は何の為に、この会社で働いているのか。

お金の為だけでは寂しいし、お金の為だけなら、ほかの会社でもいいのではないか。

ではなぜこの会社で働くのか。

この会社で働いていると、人間として成長していると実感できる時があるはずだ。

リーダーにはそのことに気付かせる責任がある。

この様に、哲学と言うと企業経営には全く関係ないように考えるが、実はすでに実践していることで、これが実践哲学だと思う。


2018年7月20日



 


 ■当事務所及び研修に関するお問い合わせ先

  090-8943-6751
   または


 

PAGE TOP