企業経営者と社員研修責任者の皆様へ

望月義博が、カーショップ、カーディーラーの皆様に
本当にお役に立てる研修について考え発信しています。

第121回 いい休日の過ごし方

休日出勤が当たり前の時代に仕事をしていた私と違って、最近のビジネスマンは休日をどのように過ごしているのだろうか。

ちょっと気になって、いろいろな人に話しを聞いてみました。

「あなたは休日をどのように過ごしていますか」

その回答には、

1、ゴルフ、又はゴルフの練習場に行きます。

2、家にいる時はパジャマでゴロゴロして、TVでスポーツ観戦をしています。

3、家族サービス、子供の相手をして遊んでいます。休日は家族の為に使うことにしています。

等でしたが、もちろん仕事に関する本や雑誌を読んで勉強しています。という人もいました。

昔とあまり変わっていない人もいましたが、リーターにとって、いい休日の過ごし方を考えてみました。

私は休日には気分転換をすべきだと思います。

また明日から激務が始まります。疲れを残さない程度に、自分に一番合った気分転換をすべきなのです。

休日の日は家族の為の時間とするのもいいと思います。

仕事とは全く関係のない本を読む。

本を読むのなら短編の歴史小説がお薦めです。

映画を観るのもいいでしょう。

軽いスポーツやジョギングをして少し汗をかくのもいいと思います。

子供の頃、日曜日に父が突然映画を観に連れて行ってくれたことを思い出しました。

父と二人だけで映画を観るのは初めてだったので、嬉しくて、どんな映画を観るのかワクワクしていました。

その時見た映画の題名やストーリーは忘れてしまいましたがヤクザ映画でした。

家に帰ったら、母から「どこに行っていたの」と聞かれ、「映画を見に行ってきた」と答えたら、母は父のところへ行き「ずるいね」と言いながら何か話しているのが聞こえました。

今考えてみると、その時、父は気分転換をしたかったのだと思います。

仕事で何か重大な問題が発生していて、いい解決案が思い浮かばす、気分転換をしたかったのに違いありません。父もモーレツ社員の一人でした。

仕事をしていると、いろいろな問題が発生し、いい解決策が思い浮かばず、困った、困った、どうしよう、どうしよう、と思い悩むことがあります。

悩めば悩むほど、いいアイデアが思いつかないのです。

思考する範囲が狭くなって、堂々巡りをしていることがあります。

そんな時こそ、一度仕事から離れて、仕事とは全く関係ないことをするのが良いのです。

それが出来るのが休日です。

気分転換をすると、頭もリラックスします。

そうすると、いつもとは違う角度から問題を見直す事が出来ます。

私は月曜日の朝、会社に行くために玄関を出ると、突然いいアイデアを思いついたことがありました。

そのアイデアを部下に早く話したくて、走って会社に行きたい気分でした。

制限速度以上に自動車のスピードを上げている自分に気付いて、慌ててブレーキを踏んだことがあります。

リーダーの皆さん、休日は仕事を全く忘れて気分転換をしましょう。

いつもとは違った刺激が、頭をリラックスさせて、いいアイデアが浮かびます。



2018年12月26日



 


 ■当事務所及び研修に関するお問い合わせ先

  090-8943-6751
   または


 

PAGE TOP