企業経営者と社員研修責任者の皆様へ

望月義博が、カーショップ、カーディーラーの皆様に
本当にお役に立てる研修について考え発信しています。

第129回 サービスとは何か「電話の場合 そのⅡ 私の体験」

久し振りに友人が来るので夕食を一緒にしようと思い、近頃評判のレストランに予約の電話をしました。

電話を切った後で、静岡の地酒があるか確認しておこうと思い、もう一度電話をすると今度は違う人が電話に出たので、先ほど予約をした者ですが、と言って話し始めると、いきなり、

「誰と話したのでしょうか」

と聞かれました。

私は名前は憶えていませんが、先ほど予約をしました望月ですと答えると、

「私どもの店の社員は名前を名乗ったはずです」

と言うので、私は、

「すいません、名前を名乗ったかもしれませんが覚えていません」

と謝りました。

ここで私は予約をキャンセルしようか悩みましたが、今回はとりあえず、このまま予約をして、次回は絶対に他の店にしようと思いました。

忙しそうなお店の様子が受話器から聞こえてきましたが、このお店の料理の味とスタッフのサービスは予想できました。

電話で相手の名前を確認する事はなかなかできませんが、名前を名乗らない人もいるので、私は重要な電話連絡だと思う時は必ず、

「私は望月と申します、
 すいませんが、お名前を教えてください」

と聞くことにしています。



私が感動したお店の電話対応がありました。

お店の場所を尋ね、場所が解ったので、電話を切ろうとすると相手から、

「このお電話は私○○がお受けしました。
 ご来店頂いた時には、受付で○○を呼ぶようにと言ってください。
 受付ですぐ分かるようにしておきます。」

と言ってくれたので非常に好印象でした。

そして早速そのお店に行くと、私はお店の入口の前で、呼び止められました。

「大変失礼ですが、望月様でしょうか。
 私はこの店の○○と申します。
 お待ちしていました。」

と言われたのです。

どうして私が望月だと解ったのか非常に驚きましたが、後から落ち着いて考えると、電話で私の車の車種やボディーのカラーを話したので、それで解ったのだろうと思いました。

素晴らしいサービスだと感心しました。

もちろん、また必ず行きたいお店になりました。

そして、早速友人にも紹介し、この感動を味合わせたいと思いました。


2019年4月18日



 


 ■当事務所及び研修に関するお問い合わせ先

  090-8943-6751
   または


 

PAGE TOP