タイヤ・販売研修事務所

企業経営者と社員研修責任者の皆様へ

望月義博が、カーショップ、カーディーラーの皆様に
本当にお役に立てる研修について考え発信しています。

第154回 今、何をすべきか

全国緊急事態宣言で、ステイホームと叫ばれています。

生活必需品を購入する以外の外出は控えなければいけません。

企業は仕事をテレワークでする様に求められています。

学校は休校、図書館は休館、美術館も休館、セミナーや講演会はすべて中止又は延期、コロナウイルスの為にどこにも行けません。

一日中家にいるのは辛いです。

この様な時は何をしたらよいのでしょうか。

何もせずに自宅に閉じこもっている人もいるでしょうが、何もしない引き籠り状態は、鬱になりそうな気がします。

時間はいっぱいあるので、ついテレビの前に座ってしまいます。

コロナウイルスの報道を見て気分が悪くなり、バラエティー番組を見て笑っています。

そして、スナック菓子を食べているか、居眠りしている。

そんな自分に気付きます。

テレビやスマホの電源を切って、なにか始めましょう。

「刀を磨こう」

「新しい武器を持とう」

「知的再武装をするのだ」

では具体的に何をすればいいのでしょうか。

 ・英語をもう一度、基礎から学ぶ。
 ・新しい言語(中国語、フランス語又は語ドイツ語)を学ぶ。
 ・買い置きしていた仕事に関する専門書を読む。
 ・挫折したギターにもう一度挑戦する。
 ・いつか見ようと思っていたDVDを見る。

どれもみな良い方法ですが、私はこの時間を利用して、自分を見詰めてみようと思います。

私は以前から四国遍路がしたいと思っていました。

四国遍路を一人で歩きたい。

般若心経が写経できるようになりたい。

般若心経は経本を見なくても唱える事ができるようになりたい。

そして遍路道を一人で歩いていると、自分と向き合い、何かが見えてくるのではないのかと思っていました。

でも四国は遠いのです。

坐禅をしてみよう。

私は学生の頃、お寺に行って坐禅をし、白隠禅師坐禅和讃を唱えていました。

もう一度始めてみよう。

「只管打坐」

何も考えずに、ただ座ろう。

瞑想がしたい、と思うのですが、なぜこんな簡単な事が出来ないのでしょう。

時間は十分あるのです。

習字を始めました。

小学生の時以来だから何十年ぶりでしょう。

へたくそな字ですが自分なりに書いています。

最初にすることは、まず墨を磨ります、墨汁なぞ使いません。

慌てず、急がず、ただ無心に墨を磨ります。

すると、なぜか心が落ち着くのです。

暖かくなりましたので、畑を耕しています。

鍬で土を起こします。

耕耘機は使わずに、ひと鍬、ひと鍬、土を起こします。

「春が来たんですよ」

足元の土が起き上がって、元気になるようです。

なぜか自分まで元気になるような気がします。

自分をもう一度見つめてみよう。

四国遍路をしなくても、坐禅や瞑想をしなくても、

私は何がしたいのか?

私は何をすればいいのか?

答えが出てくるような気がするのです。


2020年5月1日



 


 ■当事務所及び研修に関するお問い合わせ先

  090-8943-6751
   または


 

PAGE TOP